女性に気を付けてほしいこと | 除毛クリームラボ






女性に気を付けてほしいこと

ムダ毛処理、女性にとっては欠かせませんよね。特に春から夏にかけて露出の多いファッションになります。

ここでは女性特有の気を付けてほしいことを、具体的な例に挙げ紹介していきます。

 

生理前・生理中の除毛クリームの使用について

生理前、生理中のムダ毛の処理はどうしていますか。この時期にムダ毛処理をしてしまい、肌が荒れてしまったという方も多いのではないでしょうか。
様々な処理方法がありますが肌に負担の少ないと言われる、除毛クリームでの処理方法がありますが、生理前、生理中は基本的には避けたほうが良いでしょう。中には、説明書きの部分にこの期間は使用しないで下さい。などと書かれているものもあります。どうしても、の場合にのみ生理前後でも使用オッケーな除毛クリーム、また、出来るだけ低刺激な除毛クリームを使用し、その後のケアもしっかりと行いましょう。その後のケアというのはは保水、保湿などです。

 

では、なぜ使用を避けたほうが良いかと言うと、ホルモンのバランスが崩れて、肌が必要以上にデリケートになっているからです。除毛クリームは毛に化学反応を起こして、溶かす成分が含まれています。それがデリケートになっている肌のタンパク質の部分に作用してしまい、赤み、かぶれ、毛穴の炎症などを引き起こす原因になってしまうのです。

 

肌が荒れてしまってはせっかくのムダ毛のない肌も台無しです。生理周期なども考慮しムダ毛の処理を行いましょう。

 

妊娠中の除毛クリームの使用について

脱毛・除毛は女性にとって、必要なボディケアの一つです。
家庭で脱毛する場合、除毛クリームを使用している人も多いと思いますが、身体のバランスが不安定になりやすい妊娠中の使用には注意が必要です。
妊娠すると一般的に、毛が濃くなる傾向があります。

 

除毛クリームで一気に処理をしてしまいたいところですが、妊娠中は肌が敏感になっており、肌荒れを起こしやすいため、クリームを利用することによって、肌トラブルの原因になる可能性があります。

 

なので、基本的に妊娠している時の除毛クリームの利用はお勧めできません。
どうしても使いたい場合は、肌の目立たない部分でテストしてから使用するようにして下さい。
または、妊娠中や敏感肌の人でも使える、刺激の少ない除毛・脱毛クリームの販売されていますので、除毛クリームを使いたい場合は、低刺激のものを選んだほうがよいでしょう。

 

一部の脱毛サロンは、妊娠の間は施術ができないケースもあります。
出産すれば、毛の濃さも収まってくるケースがほとんどなので、あまり気にしないことも重要です。
カミソリなどを利用して脱毛する場合にも、剃った後にクリームなどでケアをして、なるべく肌を傷めないように気をつけて下さい。

 

授乳中の除毛クリームの使用について

妊娠中、授乳中はホルモンのバランスが大きく変化します。
出産前はムダ毛が増えたり、出産後は異常に髪の毛が抜けたりと体の変化が激しく、疲れがちです。
そんな中でもやはり女性ですので、綺麗でいたいという思いから、ムダ下の処理をしたいと思う方も多いでしょう。

 

しかし、出産後の授乳中の体は、まだ体が正常な状態に戻りきれず、お肌の状態もかなり敏感になっています。
そんな時にカミソリなどを使ってムダ毛の処理をしてしまうと、お肌を傷つけ、かゆみや、かぶれと言ったトラブルの原因になってしまいます。

 

除毛クリームならお肌を傷つける事なく気になる部分のムダ毛を処理する事ができるのですが、特に出産後はお肌の状態が敏感になっているので、除毛クリームの使用は、一般的にはあまりおすすめはされておらず、授乳中の除毛クリーム使用をお断りしているサロンも存在します。
ですので使用するのであれば、使用前に、部分的にテストをしてから使用する事をおすすめします。

 

また、お肌から吸収される除毛クリームの成分が、母乳に直接影響を及ぼす事はありませんが、少しでも赤ちゃんの事が気になると言う方は、クリームの成分を調べてから使用した方がよいでしょう。