陰毛も除毛クリームで処理できるの?






除毛クリームで楽々陰毛のお手入れ

あけすけになんでも、結構えぐいところまで詳細に明るく語り合う女子会。でも「みんな、陰毛のお手入れってどうしている? 」などと一言いおうものなら、場はシーンとなりひかれてしまうかも…と思うからかなかなか聞けずにいるのが実情です。脇や足の除毛は平気で話せるのに、デリケートゾーンの話題は出しにくいうえに、女の子同士ではタブー。だから相談できずに、悶々としている女子も多いはずです。

 

ムダ毛の処理といえば脱毛サロンやエステに行けば解決!が一般的ですが、やはりそこには部位が部位だけに

 

「恥ずかしい」

 

という乙女心が働き、放ったらかしにしてしまい女子も少なくないと思います。しかし実は欧米ではアンダーヘアの処理は、脇のムダ毛と同様、常識なのです。

 

ではお手入れ方法はどんなのがあるかと言うと、セルフの場合は、カミソリやシェーバーで剃る、ピンセット、毛抜きで抜く、除毛クリームやワックスで毛を除毛する。

 

そして今では家庭用の脱毛器や、セルフ・ブラジリアンワックス、ヒートカッターでの熱処理なども人気です。ただここの部位はとても皮膚が敏感で弱いので、やり方を間違えてしまうと黒ずみや肌荒れ、毛が皮膚の外に出られずブツブツになる「埋没毛」など、トラブルを引き起こす原因となるので注意が必要です。

 

女の子ならだれでもやったことがあるのはカミソリやシェーバー。

 

これはコストパフォーマンスがとてもよくて、手軽に試せるのが人気なのですが、その一方で皮膚にかかる負担は多く、時には角質をはがしてしまう危険もあります。また剃ったあとに、再び毛が生え始めてくると、短い毛先が「ちくちく」肌にあたり、違和感を覚えることもあります。

 

その点、ワックスや毛抜きは毛が伸び始める「ちくちく」感はあまり感じないのですが、毛を1本1本抜いていくので、激痛に耐えなければならないのです。またあまり広い範囲を一度に処理すると、皮膚が赤く腫れてしまい荒れてしまうこともあります。

 

除毛クリームは塗るだけで手軽。

 

s-kenuki広い範囲に使うことができ、カミソリのように肌に負担をかけることが少ないのが大きなメリットです。ただ何度も使えるカミソリや毛抜きに比べて費用がかかりますが、エステや脱毛サロンほどではないです。しかし除毛クリームは毛を溶かす作用のある強い薬剤を使っているため、デリケートゾーンの粘膜には使用ができず、また粘膜の近くに塗るときにも細心の注意が必要となります。

 

そのほかの注意点としては、除毛クリームは本来、産毛の処理に適しているため、アンダーヘアがあまりにも剛毛だったりするときは、陰毛専用のトリートメントも発売されているので、あわせて使ってみるのも効果的だと思います。

 

⇒ 除毛クリームでアンダーヘアをケアするときの注意点

 

■編集後記
デリケートゾーンの『臭い・黒ずみ・かゆみ』で悩んでいませんか?
http://xn--rck0azaf2o5b2cc3818mk3fg52j.com/