思春期の小さな悩みと切り捨てずムダ毛処理 | 除毛クリームラボ






思春期の小さな悩みと切り捨てずムダ毛処理

私の家系はどちらかというと体毛が濃いほうで、幼いころから自分の身体と周囲の友人の身体の産毛の違いに対してコンプレックスを抱いていました。

 

そんな私が産毛のことで泣かされたのは、小学校高学年に入ってからの夏のプールでの出来事でした。

 

プールでは、普段制服や靴下で隠れているような身体の体毛が水着一枚になって露わになるシーンです。私は更衣室で着替えながら、成長期で身体の変化が表れつつある友人たちの身体と自分を比べ、昔よりも体毛が目立ち始めていることに気が付きました。

 

そして、その時はやってきました。

 

私の通っていた小学校では指定の水着などはなく、自分たちで自由に選んで着ることができたのですが、私はお店で買ったお気に入りのビキニのタイプの水着を着て授業に参加していました。先生の指示通りに全員で整列していると、後ろにいた男の子たちのヒソヒソとした声が聞こえてきました。「あれ、濃くない?」とはっきりと聞こえ、反射的に振り返ると、声の主の男の子と視線がバッチリと合いました。

 

何のことかと詰め寄ってみると、「背中の毛が濃い」と言うのです。恥ずかしくなってあわてて更衣室に駆け込み、背中を鏡で見てみると、私の背中の産毛は産毛とは思えないほどフサフサと姿を出していたことに気が付きました。

 

ですが、更衣室にはカミソリやそれを安全に使ってくれる母親がいるわけもなく、私は悲しい気持ちで戻り、慌てて駆け込んでいった私の様子を見ていた周囲のクラスメイト達の興味本位の噂をする声に目頭が熱くなり、気が付いたらボロボロと涙を零していました。

 

その当時は身体のことなのだから仕方ないんだ、自分が悪いわけではないんだ、と幼いながらに自分に言い聞かせていたのですが、生まれ持った産毛とは一生付き合い続けていかなくてはいけません。私はそれからというもの、他人に泣かされることのないよう、産毛のことに触れられないように定期的に産毛の処理を行うように意識しています。

 

恥ずかしさから涙しないようにするには?

サロンや皮膚科では早いといわれがちなので、除毛クリームや抑毛剤から濃い産毛をケアしましょう!

 

⇒ 子供向けの人気除毛クリーム