私のズボラな性格が招いたムダ毛の悲劇 | 除毛クリームラボ






私のズボラな性格が招いたムダ毛の悲劇

基本的にズボラな私の性格。
ムダ毛の事は気になりながらも、出来るだけ処理を行う必要がないように心がけて洋服などを選ぶようにしています。
しかし、毎回うまくいくはずもなく、失敗は数えきれない程です。

例えが、冬の終わり。
基本、冬は洋服からワキが見える事もないので、さぼりがちな私のワキ。
そんなワキのまま、少し暑くなってきたため、不意にカーディガンを脱いだのでした。
その下は、袖が少しだけある洋服。
もちろん、少しでも腕を上げれば、ワキが丸見えの状態でした。
しかし、そんな事は忘れてそのまま、仕事をした私。
後から、ワキが丸見えだったと気づいた時には、恥ずかしくて一日仕事が手につきませんでした。

こんな失敗は、いつものことで、足のムダ毛処理を怠っていた時、黒のストッキングを履いていた私は安心していたのです。
しかし、そのストッキングを引っかけて破ってしまい、そこからは、私のムダ毛ボーボーの脚が丸見えになってしまったのでした。
慌てて履き替えましたが、その様子を会社の数人に見られてしまい、本当に恥ずかしかったです。

また、ちょっと気になる男性と食事に行った際、しっかりムダ毛処理を行っていった私ですが、詰めが甘かったのです。
なんと、手や指のムダ毛処理を忘れてしまっていたのです。
そこで、その男性に「女の子でも、指に毛が生えるんですね」と言われ、顔が真っ赤に・・・。
その男性は、悪気がないようでしたが、私としては、口に出さず、そっとしておいて欲しかったです。

そんな私でも、気になる日は、しっかりとムダ毛処理を行うように心がけています。
しかし、ズボラで面倒くさがりの私は、ムダ毛処理も本当に適当。
毎回、慌てて行うため、血だらけになることも良くあります。
結局、傷だらけになり決めていた洋服を着てくことができない時もあるぐらいです。

何度、恥ずかしい思いをしても、治らない私のムダ毛処理。
もう、ムダ毛の事で泣かされることがないように、これからは頑張っていこうと思っています。