中学生の頃デリカシーのない男子に | 除毛クリームラボ






中学生の頃デリカシーのない男子に

今ではムダ毛の処理も慣れてきましたが、ムダ毛を意識し始めた中学生時代は腕毛は大きな悩みの種でした。

 

私は子供の頃から腕や顔の産毛が濃いほうでした。小学生の頃は「少し腕の毛が長いなぁ…」ぐらいにしか思っていなかったのですが、思春期の頃になると恥ずかしくて半そでのシャツを着ることが苦痛に感じるようになりました。

 

しかし、暑い季節になって長袖のシャツを着ていると先生に指導されてしまうため、半そでを切るしかない状況になってしまいます。腕を組んだりして、なるべく毛が見えないようにしていたつもりでしたが、その行動が逆に目立ってしまったようです。隣の席に座っていた男子に、「あれ、お前俺より腕の毛生えてない?」と指摘されてしまったのです。

 

それを聞いて、周りの男子たちも話に加わってきて「いや、俺のほうが毛深い」「俺は本数は少ないけど、長さはある」となぜか腕毛の長さで盛り上がってしまいました。

 

最初に腕毛の話をしてきた男子たちも、その後に加わった男子たちもからかうつもりやいじめてやろうという気もなく、単純に最近第二次成長で変化してきた毛の生え方をみんなで比べたかっただけなのですが、とても恥ずかしく感じました。
さらに、もう忘れて欲しかったのに、その様子を見ていた女の子から「女の子に腕毛とか毛の話をするのは失礼だ」と怒られたといって、何人かの男子が謝ってきました。

 

もうこんなことはこりごりだと、お風呂のときにこっそり用意した剃刀で腕と足の毛を処理をしました。
どんな風に剃ればきれいにできるのかなどわからないまま、適当に剃ってしまったので剃りむらができてしまい、それを母に指摘され、こんな腕にしてしまうなんて恥ずかしいと散々怒られてしまいました。さらに、剃った後はきちんとお風呂場の床を掃除したつもりでしたが、剃った後の毛が床に残ってしまっていたらしく、父親から「お風呂場で髪の毛を切るな」と注意されたり、踏んだりけったりでした。”