海外滞在時の脱毛失敗談 | 除毛クリームラボ






海外滞在時の脱毛失敗談

2週間のインドネシア出張に行った時、足のムダ毛で大変つらい目に合いました。

 

私は10代前半から足のスネ毛が濃く、脱毛は日常的に行っていました。学生の頃はピンセットで膨大な時間をかけて行っていたのですが、仕事をするようになってからは電動脱毛器を買い、3日に1回のペースで完全にツルツルになるように脱毛してきました。

 

学生のころから「男のくせに何でそんなに脱毛にこだわるんだ」と言われてきましたが、足のムダ毛を見ると気が滅入ってしまい、完全に脱毛しないと気がすまないのです。20代の後半に、会社の出張でインドネシアに行くことが決まりました。初めての海外で何を持っていけばよいのかよく分かりませんでしたが、電動脱毛器は必ず必要になるので海外用の電源変換アダプタとともに持って行きました。ホテル滞在2日目、早速脱毛しようと変換アダプタに脱毛器をつないだのですが、全く動かないのです。ホテルのフロントでも変換アダプタを貸し出していたので、それも試してみましたがやはり動きません。

 

これは2週間脱毛を我慢するしかないかな…と思いましたが、5日を過ぎた頃、伸び始めたスネの剛毛はチクチクと痒く、見た目の気持ち悪さにも我慢できなくなった私は備え付けの安全カミソリでムダ毛を剃ったのです。ムダ毛を剃ったのは初めてのことで、応急処置だけど見た目もツルツルになったので帰国するまで毎日続ければいいかなと思ったのですが、風呂あがり後、肌に異変が現れました。

 

海外のカミソリ刃が合わなかったためか、足全体が赤く腫れ上がってきたのです。痛みと痒みを伴い、フロントに頼んで軟膏をもらいましたがあまり効かず、結局滞在中は肌荒れと新しいムダ毛が生えてくる時の痒みに悩まされ続けました。初めての海外出張はとにかく痒かったことだけ強烈に印象に残っています。

 

以降、何度か海外出張に行く機会があり、海外滞在のコツもいろいろ学んできましたが、私にとって必須アイテムの脱毛器は必ず電池式のものを携帯するようにしています。